2018年02月18日

喜びから一夜明けて綴ります(真面目なのでご注意ください)

羽生さん、オリンピック金メダルおめでとうございます。
本当におめでとうございます。
あまりにもの強い精神力に、ただただ敬服しています。
やろうと決めたことを成し遂げるために、それがどんなにいばらの道でも、考えに考え抜いて、知恵を結集し、自身に鞭打ち、自身を信じ未来を信じ、失敗を恐れず顔を上げてまっすぐに進み、今を貫き、そして貫き通した。
結果を出した。
目的を達成した。

おめでとうございます。おめでとうございます。本当におめでとうございます。



今回のインタビューでも、何年か前のインタビューでも言っていましたが、自分の人生、どこか普通の人と違うなと気づいていますよね。羽生さんの書く神社の絵馬からは自分の運命というか、与えられている役割をしっかり受け止めて、それを果たそうという意思がはっきりと見て取れます。

人はみんな生きている意味があって、それは人によっても違って、手段もぜんぜんバラバラというか、無数の選択肢があって、家族を養うなど直接的な意味から、自分では想像もしない間接的な意味まであって、手段として何を選んでどこまで頑張ってというのは本人に委ねられているのだと私は思っています。


羽生さんは会見を「これからの人生、オリンピックの金メダリストとして、しっかり全うしたいと思います」という強い意志の言葉で締めくくりました。

個人の人生ではなく、金メダリストとしてできうる最大限の人生を生きる。自分の人生を捧げる。私にはそんな意味にとれました。
羽生さんは引退後は選手を直接指導する立場につきたいと言っていましたが、職業としてコーチになりたいということより、自分の人生を多くの人のために使おうという決意があると思うのです。


いちばん心に引っかかっている言葉が「いろんなものを捨てた。スケートだけでいいと思った。」です。

もともとストイックな生活をしていて、今さら何を捨てるんだろうと。

どこかのメディアが「捨てたものはどんなものですか」と聞いたシーンがあったと思うんですが、その時彼は「んーーー、いろいろ・・幸せなことがあるじゃないですか。あ、こんな幸せもある、こんな幸せもある。けど、いらないっ。そんなのいらない」というような答えをしたと思います。(情報が半端なく多くて、探しだす余裕がいまはありません)



これ以上はわからないのですが。
幸せを捨てる人って。。。。
その幸せを取るか、オリンピックで勝ちを取りに行くか、選択が必要だったんですね。。。。




その幸せは、羽生さんにとってどんな未来だったのでしょう。





捨てたと思っていたけれど、もっと素晴らしい幸せが羽生さんのもとに集まってくる。
私はそう信じています。





posted by バーバ母 at 16:33| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

とうとう平昌入り

とうとうはにゅさんが平昌にやってくる。。
緊張します。



時間がなくて下書き状態なんですが。タイミングを外すとアレなので貼っておきます。



みんなで行こう1.jpg

みんなで行こう2.jpg

みんなで行こう3.jpg

みんなで行こう4.jpg



誰が出てもいいように、みんなで平昌に来てね。
posted by バーバ母 at 01:45| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする