2018年06月24日

歳とっても趣味がある人って人生を楽しんでいて素敵ってよく言いますよね。それに該当するんでしょうか、この趣味は。

新たな趣味を見つけました。


これです。
Df4eLR1V4AA4Mcj.jpg


その名も人肌のゲル。



名前を聞いただけでだいたい、私が何を考えてるのかバレてますよね。



そんなわけで、このゲルを使って人肌人形を作ってみようと思い立ったのです。


だいたいの手順は・・

@作りたい人形を粘土で作る。
A粘土を型取りする。
B型に液状のゲルを流し入れる。
Cゲルが固まったら取り出して着色する。
Dぷにぷにする。


こんな感じです。特に欠かせないのがDですね。というか、最大の目的がDですから。Dができなければ作る意味がない。



今までほぼ2次元ものばかり(4コマとかコラとか変な動画とか・・・ろくなことしてこなかったなぁ・・・)だったので、うまくできるか心配です。
でも、ぷにぷにしたい。ぷにぷにぷにぷに。その強い思いが私を動かすのです。



人形を作る粘土(型を取るので、焼いてカッチカチにするタイプ)がなかなか届かないので、その辺の物を原型にして、人肌のゲルを作る練習をしました。



その辺に、何年か前に掘った消しゴムハンコがあったので、周りをカットしました。
DSC_0003.JPG



お湯で柔らかくなる樹脂、おゆまるくんの登場です。
DSC_0004.JPG



おゆまるくんで肉球を包み込んで
DSC_0005.JPG



冷めて固まったら型の出来上がり!
DSC_0008.JPG


ゲルは2つの液を混ぜることで固まり始めます。分量は誤差のないようにしないと固まらないとか。うーん、けっこう面倒くさいな。
DSC_0009.JPG


肉球の型に流して24時間待ちます。
DSC_0010.JPG



こんなふうにぷにぷにです。





人肌のゲルには硬度が何段階かあって、これは硬度0の一番柔らかいタイプです。触り心地は和菓子の求肥(ぎゅうひ)そのもの。
粘着性があるので、粉をふるんですが、それでもあっちこっち手に着くんで、人形には向いてないみたいです。
もう少し硬度があるほうがいいみたい。




さてさて、粘土が届きましたので、さっそく原型を作ってみました。顔はあとで描こうと思ってます。
DSC_0024.JPG



オーブンで焼きました。特に焼いても何も変わりません。
DSC_0025.JPG



あれ、ごめん、はにゅさん、後ろ頭が焦げちゃった💦
DSC_0026.JPG



焼かれたあとは、おゆまるくんで包まれます。はにゅさん大忙し。
DSC_0027.JPG



この穴からはにゅさんを出さないといけないんだけど、こりゃ難産になるなぁ・・・
DSC_0028.JPG
ちなみに、夕飯を作りながらなので、後ろにかぼちゃが写っています。味噌汁に入れようと思っています。



がんばってお母さん!お尻が出てきましたよ!!!
DSC_0029.JPG




う・・生まれたああああ!
DSC_0030.JPG





無事に元気な男の子が生まれたんですが、母体のダメージが大きくて失敗。
他の方法を考えなきゃ。




もう一度胎内に入ってね。
DSC_0037.JPG




今度は背中から生まれよう。蝉の抜け殻作戦。
DSC_0031.JPG




がんばれがんばれーーー
DSC_0032.JPG




やた!生まれた!!がんばったね、おめでとう!!
DSC_0034.JPG


母体も無事です。これならなんとかいけそう。でも、後ろ頭やお尻の部分が開いてるから、そこが平らになっちゃうのが残念。





ではもう一度、体内に入ってもらって
DSC_0036.JPG




先ほどの難産コースなんだけど
DSC_0038.JPG




背面に切れ目を入れてみることにしました。これならなんとか取り出せます。帝王切開とでも言いますか。
DSC_0039.JPG




おゆまるくんが柔らかくなるのや固まるのを待つ間、インゲンのつまみ食いが止まりません。今日のメインは牛肉とインゲンの炒め物です。
ちょうど関西ではFaOI神戸の放送があったそうで、ツイッターのタイムラインがコンティニューと神戸と長野とでわけわかんないことになってた中で、プルさんが神戸ビーフ神戸ビーフって言ってらしたのですが、うちは神戸ビーフではありません。
地元には松阪牛というブランドもありますが、もちろん松阪牛でもありません。
安売りのチラシが入っていたので、仕事を抜け出して買ってきた牛肉です。牛です。牛。それだけは間違いない。
DSC_0035.JPG




夕飯の用意があまりにも遅いので、母が台所に来てしまい、慌てて撤収!!





さてさて、人肌のゲルの出番です。
硬度0では柔らかすぎたので、もう少し硬いものが欲しかったのですが、そういう丁度よさそうな物はネットでも売り切れ。手に入ったのは高度15。基準がよくわからないけど、かなり固めみたいです。その分扱いやすいみたい。練習にはいいかもしれません。粘土はにゅさん1号〜3号までが見守ります。
DSC_0040.JPG




専用の顔料を混ぜて色を付けるんですが、肌色って書いてあるのにココア色じゃん。
うーん、少なくとも羽生さんの肌はこんな色じゃない。これはいかん。
DSC_0041.JPG




型に流し込みます。(帝王切開の母はゴムで縛られplay)
DSC_0042.JPG




お、硬度が高いと固まり始めるのも早い!数時間でもうこんな感じ。垂れてこない。
DSC_0044.JPG





さてさて、どうなるか。





できましたーーーーえらい小麦色の肌だけど、はにゅさんできましたーーーーーー
もっちもちです。まだ表面コート剤を塗ってないので迂闊に触れませんが、もっちもちです。
(そして、ひとりブラックジャックさんになってしまった。なぜだろう)
DSC_0033.JPG





背中から脱皮した子はやはり背中が爆発してる。帝王切開のほうがうまくいくみたい。
DSC_0034.JPG




このあと、表面コート剤に顔料を混ぜて、髪と練習着に色を付けたいと思いますが、もう眠いので。続きはまた今度。
おやすみなさーい
posted by バーバ母 at 03:49| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

土下座にちょっとうるさい環境です

仕事たいへんで、求人出しても誰もこないしたいへんで、ブログご無沙汰しております。




忙しい言いながら、こんなことはコツコツとやっております。
フィギュアスケートのターンやステップがね、私はぜんぜんわからないんですよ。これまでもそれなりに努力したんですが、トレース見ながら覚えようとしても方向音痴だからか(?)ぜんぜんわからなくて。絶対わかると言えばループとツイズルくらいで💦
で、私の大好きなお方がステップ中の絵を描けば見分けがついてくると呟いていたので、やってみたくなったんです。



これはバラ1の出だしのブラケットです。ここいいですよね、好きな方たくさんw




これを描いてから、ブラケットはかなりの確率で見分けられるようになりました(`・ω・´)
オススメです!!



その他、ツイッターに載せたのを貼っていきまーす





何かの手違いでマサルと出会ったら・・
マサルもふもふ.jpg





コンティニュコンティニュ♪
ハイドロから起きた足でそのままぐぐぐーーーっと客席へ寄って手を伸ばす。ここが好き。
コンティニューエンディング.jpg






メドたんクリケへ。衝撃的でした。
海外アカウントにめちゃ引用リツイートされたことからも、世界的に衝撃ニュースだったことがよくわかりました。
ティッシュケースコレクター.jpg





ガンダムはにゅさん。
wings.jpg






4Tが帰ってきたぞ
おかえり4T.jpg





なんとジェイソンも!
クリケぎゅうぎゅう.jpg

このあとツルちゃんの移籍(メドたんと入れ替わり)が発表されました。





長野でホプレガ。ループが帰ってきたことをみんなに知らせてくれました。
3Loおかえりーー
3LO書道.jpg

ホプレガのシーズンはスタメン落ちしてヒラヒラコスチュームを着られなかったけど、今回、晴れてヒラヒラに✨






長野の土曜ではプルさまとのSBSの3Tで転倒→土下座 on Ice となったようで、羽生さんの土下座は可愛くて格別ですね。ISUにエレメンツとして取り入れてもらえるといいのに。基礎点どのくらいかな?



うちの職場でも土下座はとても大事な職務の一つです。これで食っていると言っても過言ではな・・・い・・?かな(;^ω^)


ジャンピング土下座.jpg


ジャンピング土下座2.jpg


ジャンピング土下座3.jpg


ジャンピング土下座4.jpg


土下座にはうるさい職場です。
posted by バーバ母 at 01:08| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする