2016年10月17日

支えたい

本題というか本ネタに入る前に、これだけ言わせてください。

きき湯CMの肩透かし、ほーら言ったでしょ?



で。本題です。
私の中ではまだ東京西川さんのほうで未消化な部分がありまして。


あ、でも久しぶりに変態要素が入ってるので、いやだと思ったら即ブラウザを閉じてくださいね。


マットレスのことなんです。
支えたい1.jpg

マットレスのスポンジが山になってて、たくさんの点で体を支えてくれるんですね。
いいなぁ、あのスポンジたち、羽生さんを支えてるんだなぁ。いいなぁ。



支えたい2.jpg

私もその一山になって、お休みになられるお体をお支えしたいなと。思うんですよ。
そう思うでしょ?
もし、そんなことができるのなら、ぜひそうしたいですよね??
でも、それは叶わぬ夢。
そこでですね、私が考えたのが、スポンジの山のオーナー制度!


羽生さんのマットレスの山のひとつを買い取ることで、その山のオーナーになれるという制度を作ってはどうかと。
「私の所持している一つのスポンジの山が今日も羽生さんの体の一部を支えている」という喜び。なかなか味わえない特別な思いだと思いませんか?


しかし、いいことばかりではありませんん。
数に限りのあるスポンジの山の争奪戦が起こるとも予想されます。
しかも、どの場所の山なのか、とても重要になってきますよね。
お支えしたくても、体が乗っかってこない場所ではお支えしている実感が味わえないですからね。

一番人気はどのへんでしょうね。顔の近くがいいと思っても、枕というライバルがいますから、顔に近い位置を手に入れても毎晩枕に阻止されるかもしれません。
いやしかし、寝相の悪い羽生さんのことだから、途中で枕はどこかへやっちゃって、頬っぺたが乗っかってくれるかもしれません。
顔や頭が乗っかるであろうゾーンは賭けの要素もありますが、かなりの人気だと思われます。

鉄板なのは、お尻がくるあたりでしょうか。そのへんはプレミアがつきそうです。チケットで言えばアリーナ。
四隅なんかはB席っていうか、見切れ席っていうか。ツイッターなんかで【お譲り】なんて感じで簡単に手に入りそうな気がしますね。

その反面、中心部のアリーナやSS席は闇で高値で売買されそうです。
『真ん中臀部寄り。良山です。ひと山30万円。連番で2山あります。バラ売り可』なんて感じで。
偽の権利が出回ってもバレにくいですし。

そうなるといろいろ問題になってきて、とうとう・・・


支えたい3.jpg
お断りのセリフの中にも「東京西川」という社名を最低5回は入れて、スポンサーに協力する健気な羽生さんが見られるような気がします。
しかも、ファンサービスと枕の宣伝もかねて、あのパジャマを着用し、枕を抱っこしながら言ってくれるんじゃないかと。
そうなったら、それはそれでおいしいなと。








あとは、自分の近況なんですが、最近学んだことがあったので載せます。

きょん死1.jpg

きょん死2.jpg

きょん死3.jpg

きょん死4.jpg

きょん死5.jpg


50年近く生きてきてはじめて、キョンシーの真似をするときは、脱げにくい靴を履くことが大切だと学びました。


posted by バーバ母 at 02:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いえいえ、端っこははにうさんの寝姿全てを間近で拝めるかもしれないので穴場かもしれませんよ。
端っこを安値で買った人が「すーごく良かったよ〜‼」って堪能した後に高値で転売して一儲けしたりして。
そこでやはりはぬうさんが「転売は止めて下さい。」と記者会見で、、、、
everyあたりが特集組みそうww
あ〜おバカな話って楽しいですね!
Posted by マメマメ at 2016年10月17日 17:51
素敵な山のオーナーです。さぞかし山頂の空気は澄んでいることでしょう。
お外でキョンシーをやる勇気に乾杯です( ^ω^ )
足、思ったより上がってないんですよねぇ(多分ほぼ同い年)
Posted by おイネ at 2016年10月17日 22:15
くくくくくだらない…ww
しかしそんなバーバ母さんが私は好きだ、大好きだ!なんというオタならではのおバカな発想力!(褒めてます)

私だったら枕を置くスペースよりさらに外側を選びます!ごろんと横になったら麗しいお顔が目の当たりに!もしくは枕がずれて直接かわゆい頭やほっぺがマットの上にということも十分あり得ますから!
あるいは広告画像のように白魚の手が無造作に我が山に!とか考えただけでも…たまんねえっすw
でもまあ、真面目に応えるとやはり足ですかね。右左どっちでも足首あたり。
眠ってる間中、優しく優しく願いを込めてマッサージしたいですわ…ここに邪念はありません、ええ。
怪我が治って万全な体調で滑ってくれることがやはり一番の願いであります。

娘さんは就活中なんですね。お察しいたします。
なんかね、優しくされると嬉しいですよねw うちも娘がいますが、やっぱり息子よりいいわw
うちの子は大学出て就職してもうすぐ結婚なんですが、甘えん坊だったのにいつの間に…と複雑な気分です。勝手に大人になっていくんですよねー。

Posted by 弥生 at 2016年10月17日 23:29
>マメマメさん
端っこは端っこの楽しみ方がありますね。なるほど。端っこの山には盗聴器がつけられるという特典でもあれば・・・・・い、いや、犯罪ですね💦あぶないあぶない


>おイネさん
山頂の空気・・想像するだけでご飯3杯はいけますね。いいですね。うはっ(*'▽')
そうそう、体がイメージより動いてないんですよね。外キョン(お外でキョンシー)は封印したほうがよさそうです。


>弥生さん
足首付近ですか!お優しい(@_@。そうですよね、ほんと、体を大事にしてほしい。
娘さんの結婚がもう決まっているんですねー。うわあ、おめでとうございます!!
幸せな家庭になりますように💛
Posted by バーバ母 at 2016年10月18日 00:55
おはようございます
あのー、マットのお山の件なんですが、お山にはカバーなるもので覆われてしまうのですが、オーナーの皆様、大丈夫でしょうか? しかも押し入れに入れやすいように、三つにたたまれて、しばらく押し入れの中で、待機しないとなりませぬ。オーナーの皆様、押し入れから、解放されるまで忍耐ですぞ。頑張ってくださいませ!!!
キョンシー、懐かしいですね、昔スーパーで、キョンシーのショーがあり、子供たちがとっても喜んで、キョンシーとツーショット写真を撮った思い出があります。バーバ母さん、お体大丈夫ですか? 私も、仕事で腰をやっちゃいましてね、自宅療養しております。体が資本で、働かないと食っていけないのに、つらいー。
まくら→マット→羽毛布団。。。無理です、西川さん、勘弁してください。
以上です、失礼しましたあ。。。
Posted by りー at 2016年10月18日 03:24
>りーさん
カバーもくれば、冬になればあったか敷き毛布もくる。何重にも私たちの間に障壁が存在するけど、それでも私たちのお支えしたい気持ちは・・
腰、お大事にしてくださいね。みんなそれで苦しんでますね。
私の職場は子供がお相手なので、腰をやることはそんなにないんですが、たいがいの人が2度3度と心が折れますね。
キョンシーショーなんてものがあったんだ|д゚)
Posted by バーバ母 at 2016年10月18日 08:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: