2017年02月12日

四大陸を前にして思うことと、はにゅGOと、デスドロップと

どこの星のことまで含めて四大陸って言うのか知りませんが、大変な戦いが始まろうとしています。

いやいや、すでに平昌オリンピックがはじまっているような気配です。
このタイミングでブライアンは本を出版し、戦いはPCSで決まると断言し、クワドジャンパーたち(自分のチームの修羅っ子含む)をいさめるも、ネイサンは事件ばっかり起こし、ボーヤンもここぞとばかりにクワドと3Aのみの構成で攻める。
もう情報戦はとっくに始まっていますね。
みんながみんな本心を言うはずもなく、戦略を全部明かすはずもないので、見たこと聞いたことにそのまま反応しないように心がけています。とくに、ブライアンは柔軟な考えを持っているから、状況が変われば戦略もサラッと変えるでしょうし。(もしハビがフリーに4クワド入れてきたら、話しが違うなんて言わずに、拍手して迎えよう)

面白いのは、オリンピックの鍵のありかを一番知っていそうなブライアンをコーチに持ちながら、自分の考えを持って戦いを進めるオリンピック金メダリスト。
ブライアンの言っている戦略=羽生さんの戦略なのだとしたら、もう少し展開が読めるはずなのに、そうは問屋が卸さないところが本当に面白い。

いつも気を付けていることは、フィギュアスケートは採点競技であって、その試合で得た点数で順位が決まるスポーツだということを忘れないで試合を見ることです。
なんていうか、羽生さんが好きすぎて、「羽生さんが勝つことが正義」みたいなこと考えないように。
確かに特別に優れた選手なんだけど、選手である限りは羽生さんも他の選手もみな選手(なに言ってんだ??)まあ、出場する選手の中の一人にすぎない。という当たり前のことが、どこか頭から吹っ飛んでしまいそうなので、気を付けています。





話しは変わって、はにゅGOの報告です。

いろいろあって、細かく報告するのも大変なのでかいつまんでの報告です。


けっこう苦労して、なんと、クレイジーちゃん(紫)をゲットしました!!!
白パンの子もほしいのですが、まだ紫っ子だけです。

さっそく相棒にしてみたんです。
それがこちら!!







トレーナ画面クレイジー横.jpg



なんかね・・・・横に並んでる気分になれないんですよね。てか、いつもズサーって歩い?て?る?の?
ズサズサ行っちゃうから、いつも前に出っ張っちゃうっていうか、これ相棒感ゼロなんですよね。距離を感じるなぁ。


しかーし、相棒と一緒に家の中で10q歩けば、相棒が肩に乗ってくれるというので、用もないのに家の中を延々と歩き回りました。家族が落ち着けなくて迷惑かけちゃったんですが、もっとはにゅもんと近寄りたいので頑張りました!

するとね・・・






トレーナ画面クレイジー肩.jpg


・・・こうなりました。

ちっさ。

え・・これずっと回ってるの?大変やね。。。。。普通に、肩に座ってくれてもええんやで・・・・
肩に穴が開きそうですがな。




今までわかっている限りの進化をエクセルでまとめてみました。
あくまで個人的に調べただけなんで、間違っていたらすみません。


スクリーンショット (580).png
スクリーンショット (581).png






話しはまた変わりまして。

羽生さんのデスドロップ。あれいいですよね(*´ω`*)


これです。シットスピンの入りで使う技。この動画の冒頭にやってます。バタフライみたいだけど、足をけり上げるんです。





羽生さんにかかれば、デスドロップという恐ろし気な言葉も「スノードロップ」的な感じがするし
03181437_55090f08e3f60.jpg
http://www.tba.or.jp/products/detail.php?product_id=574
スノードロップの花言葉「hope(希望)」「consolation(慰め)」


こないだまで、「ハイドロに轢かれたい」という欲求が私の中で第一位に光り輝いていたんですが、「デスドロップに蹴られたい」という欲求が突如芽吹きまして、でもどうしても叶わないことなんで、こんな動画作って自分を慰めました。











ツイッターにあげたら、2秒動画だから自動的にリピートかかっちゃって大変だったんで、削除してこちらに移しました。
デスドロップのいい所は、右足で蹴られたあと、左足でも蹴ってもらえるところです。
蹴られたあと、リンクに転がっていて、そこをハイドロで轢かれるというシナリオを思い描いたのですが、技術と時間が足りないので断念しました。
でも、作ってる間は超絶楽しかったです。かなりのHENTAIです。



posted by バーバ母 at 19:36| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日もツボにハマった〜〜
特にエクセル表の完成度にやられました
ホンマにHENTAIなんですね(尊敬)
何気に、重村もいる♪
Posted by みな at 2017年02月12日 23:41
私も蹴られたい、轢かれたい!!前述のみな様、このバーバ母コミュニティはHENTAIモード全開でいいんです!クリケのように守られているんです。ありがとうありがとう、バーバ母様!ここでは自然体(HENTAI)でも誰も後ろ指差しません。だってみんなHENTAIだから。
Posted by at 2017年02月13日 17:40
すいません、先ほどのコメ、あまりに興奮して名前入れるの忘れました。HENTAIのmiuでした〜www
Posted by miu at 2017年02月13日 17:42
初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいています。

デスドロップに蹴られる物体にROFLしちゃいまして、
コメントせずにはいられませんでした(笑)

ROFLって床を転げ回って笑うって意味らしいです。
大爆笑ってかんじでしょうか?
最近知って、たまに使っています。
ホント1人の部屋で声出して笑ってました!

Posted by あんり at 2017年02月13日 20:17
>みなさん
いやいや、そこ(HENTAI)は尊敬より否定して欲しかったです!!普通みんなそうですよ〜〜てな感じでwww
わけわかんないこと言ってすみません(*´з`)


>miuさん
蹴られたい轢かれたいは人間の三大欲求のようなものですね( ̄ー ̄)ニヤリ


>あんりさん
良かった。何しろ動画作った本人がROFL・・?してますから息子、娘のいる部屋で。見てもらって同じように楽しんでもらえて嬉しいです♪
Posted by バーバ母 at 2017年02月13日 23:40
はにゅもんGOの進化過程表面白いです。
チゴイネの第2進化がまだ謎なのでそこがラスボス(五輪シーズンFR)かな〜?
なんて想像してしまいますw
しかし和のはにゅもんは一生懸命育ててSEIMEIになってくれれば「やったー!強いぞ!敵無しだ‼」ですけど重村さまにお成りあそばしたら、もう、、どうする?
めっちゃ我が儘ですよー。
SEIMEIは欲しいけど重村になったらどうしよ〜。
とかビビりながら育てるわけですか?
タノシスギマスww

菊地さんの帽子に私もニヤリとしましたよ。
ダンディーだわww

Posted by マメマメ at 2017年02月14日 12:42
>マメマメさん
まあ、ちょんまげの殿になっちゃってもかわいがってあげましょうよ。バトルしてくれるかどうかもわかりませんが💦
菊池さん、良かったですよね帽子。次の試合にはコートがトレンチになっていると更に良いと思うのです。
Posted by バーバ母 at 2017年02月15日 00:35
妖精のデスドロップといい、白鳥のひじてつといい、お見事です。ああ、腹筋がいたい。
ハニュモンの分類も大笑いしました。「とり」とか「えら呼吸」とか「なにかの精」とか、どこからそんな見事な発想が生まれるのでしょう。
うつろな3Sと3Lzの表情には心がいたみました。二人とも他の道など考えず、とにかく世戦がんばれ!
私は頑固にガラ系なのですが、スマホにすると「はにゅもんGO」アプリをダウンロード出来るのですか? それなら考えようか。iPhoneで大丈夫ですか? それともBBAPhoneでないとだめ?
Posted by まあさ at 2017年02月22日 14:41
>まあささん
ジャンプくんたちもメンタルが強くないとやってられませんね。自分がパンクなり転倒なりしたとかじゃなく、出番そのものがなくなるんですからwwめげずに世選で活躍できますように!
はにゅGOはアンドロイドのニューニュルプレイからアプリをダウンロードできますよ!ぜひ!!
Posted by バーバ母 at 2017年02月23日 01:02
ほんとにほんとに「はにゅGO」というアプリがあるんですか? 
今までの全部、バーバ母さんの創造だと思っていました。「ほんまに芸が細かいわ」とか思いながら。
冷蔵庫にいるパガちゃんとか、ホントニほんとにいるんですか? ぎゃーーー。
アンドロイドですね。
わかりました。買います。
Posted by まあさ at 2017年02月23日 11:16
>まあささん
私はニューニュルプレイでアプリをダウンロードできたんですが、はにゅGOをやってるっていう人を他に見たことがないんですよね。みなさんのアンドロイドはニューニュルプレイには対応してないのかな??と思う今日このごろです。対応機種かどうかお調べくださいね。
Posted by バーバ母 at 2017年02月23日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: