2018年04月22日

タイプで語ってみる

以下の記事は私個人の見解です。
ぜんっぜん違うという場合もありますので、ご了承ください。





羽生さんって独特な考えを持ってますよね。
こんなこと言うと、一般人と一緒にしないで彼は特別なんだからと言われそうな気もするんですが、実はですね、私の仕事の相方がよく似てるんですよ。羽生さんの考え方と。


今の私の仕事は、私が相方を何度も何度も口説いて一緒に立ち上げた福祉のお仕事です。
軌道に乗るか倒産するかの真剣勝負なので、協力体制が必須です。
しかし、私たち二人はあまりにもタイプが真逆でした。

正反対コンビ.jpg



いまテレビでもよく取り上げられている自閉(ASD)や多動(ADHD)という視点で見てみると、こんな感じです。(ここでは障がいという意味ではなく、その人の持っている特徴という意味で使います。障がいのある人だけに当てはめるものではなくて、誰もがこの枠のどこかに存在しているのです)

自閉多動.jpg


自閉タイプの特徴は、視野が狭く自分以外のことに意識が薄いのですが、一つの仕事を追及して高めていったり、細かな仕事を正確に行う能力があります。
周囲の人との違いをあまり気にしないので、自分がそのタイプだと自覚しにくい面があります。特に困っていなければ、個性的な愛されキャラのポジションでそのまま生きていけます。


多動タイプの特徴は、周囲のことがよく見えていて、先読み能力も高いです。常に大量の情報が入ってくるので、情報処理に追われて正確さを欠いてしまったり、集中したくてもできないことがあるようです。発想の転換が得意で、一つのことにこだわらず、どんどんアイディアを出していくタイプです。学校の先生にはこのタイプの方が多いと聞いています。






こんな二人で、お互いに足りないところを補い合って仕事をしているのですが、あまりにも視野や考え方が違うので、もめ事もたくさんありました。

先読みが得意な相方は、先が読めていない(しかも先が読めていない自覚もない)私にどうしたら忠告できるか考え、いろいろ意地悪なことを言います。
はじめはその意図が全くわからず、しょっちゅう腹を立てていました。

揉める.jpg




私のように時間的なつながりを意識できずにいると、その時の気持ちだけに意識が行ってしまって、その場その場の気休めのような優しい言葉をかけがちです。
しかし、もっと先の状況まで読んで動く人は、その場の気持ちよりも物事がうまくいくことを優先するのだと知りました。
先読みができると、その場の気持ちに縛られないし、物事がうまく行った先でもっともっと喜ぶことができるということを、当たり前のように感じて判断していくんです。



羽生さんがちょっと(?)Sに見えるのは、こういうことなんじゃないのかなーーと思って、いつも見ています。
本当の性格は分からないので、これは私個人の印象ですが。




時間のとらえ方の違いはこんな感じかなーーー?

時間のとらえ方.jpg




※これは、誰がいいとか、誰がだめとか、そういう話ではないということをぜひにお分かりいくださいね。
 同じ傾向の人ばかりが存在したって、社会はうまく回らないから。
 人はどう違うのかを知っておくと、たくさんの誤解を回避できますよーーーというお話です(^▽^)



posted by バーバ母 at 03:29| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

ざっくりてきとーレポ

コンティニューウイズウイングス(英語苦手💦)のレポをば。ざっくりと。
一言で言うと、ミスター羽生を侮ってました。
ショーの内容よりも、羽生さんのお顔を見て、おめでとうを言う。そういう気持ちで参戦しました。
ミスター羽生を侮ってました。あんな楽しくて充実したショーだなんて思ってもみなかった。
あと、すっごい泣けたし。ボロボロのグシュグシュでした。
あ、グッズ戦争もボロボロでした。ただただ売り切れアナウンスを聞いて過ごした2時間。
クリアファイルはたくさんご用意いただいていたようで、ありがとうございました羽生さん。


ゴロゴロ.jpg


日を追うごとに羽生さんから遠ざかる座席( ;∀;)
座席.jpg

1日目のショートサイドのアリーナは譲っていただいたありがたいお席でした。てか、アリーナ初体験!スケーターがぐーーーんと近づいてくるドキドキ感がたまりませんね。羽生さんの後頭部を堪能できる良いお席でした。

2日目のスタンドAは4階から見下ろす席。ショーの全体が見渡せて演出を楽しめました。1日目はひゅーーーひゅーーーほーーーほーーーー叫ぶわスタオベするわの消費カロリーが高めのお席でしたが、4階ともなるとスケーターとの距離感も結構なもので、双眼鏡片手にゆっくり堪能するお席でした。

3日目はいつものお茶の間アリーナ2列目。1列目には現地参戦が叶わなかった猫が座りますので、いつものように猫耳が若干視界を遮ります。





ステージ上に登場した羽生さん(キラッキラ)が、初めて氷に降りた瞬間。

オンアイス.jpg
なんちゅーか、うちの子がはじめて歩いた!!!みたいな。そんな感動と、大丈夫なん??という心配とが混ざってましたね。
氷に乗っただけで会場がどよめく金メダリスト。なかなかいません。

座席の位置のおかげで後頭部から背中から臀部から踵までたっぷり鑑賞させていただいたのですが、羽生比で大殿筋が若干小さくなっていましたよね?3週間の安静を本当の本当に守ってたんやなと。
以前はもっとウエストと大殿筋の標高差が大きかったと思うんですよ、もっとえげつないウエストしてたと・・・。
あと、大腿部の筋肉や胸筋もスマートになってました。よね?たぶん・・・
そのおかげで過去衣装もすんなり着れたのかなーと思ってるんですが、どうでしょうね。女性のスリーサイズを言い当てるほどの目はないので、実際にはどうかわかりません。




後頭部.jpg




それにしてもね。
仕掛け.jpg
オープニングもすぐに氷から上がっちゃったし、次に出てきたらスニーカーだしで、まだぜんぜん治ってないんだと心の中で泣いていた私の心の涙をどうしてくれるのだww




チゴイネ衣装で出てきたときは、自分でも思いもしなかったほどの変な声がでました。何か叫んだと思うんですが、周りの人もみーんなすごい声で、自分の声が全く聞こえないほどでしたww

チゴイネ背中.jpg



ロシアより愛をこめて.jpg



チゴイネ紹介.jpg





ここまで描いて時間切れ💦
バラ1の紹介で「ぼくのステップ!」と言ってたのが記憶に残ってます。とても大事に大事にしてるんだなぁと。ホロリときました。
無良くんの演技を生で観たことがなかったのですが、彼はテレビで見るのの何倍も素敵ですね。あの全日本を生で見れた人が羨ましい。






ツイッターにあげたものを貼っておきまーす。
バブリーはにゅう.jpg



バブリーはにゅう2.jpg





プラバングッズの元絵です。会場で貰ってくださったかた、ありがとうございました。
また他のジャンプくんも描いてグッズを増やしていきたいな。
プラバン1.jpg



プラバン2.jpg





武蔵野のトイレ.jpg



うーーん、もう寝なきゃ。
posted by バーバ母 at 01:17| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

弱みを強みに変換

うちの猫も高齢になりまして、いろいろ病気も出てくるし多頭飼いだし、で、先月は動物病院代だけで4万も出費がかさみました。人間のほうも家族4人全員がインフルになりましたし、まあ出費の多かったこと。

でもね、羽生さんが修造さんのインタビューで言ってたじゃないですか。弱さは強さ。常に物事を転換して考えているって。
そこで私もこの出費について考えを転換してみました。するとですね、生活はきつかったけど、逆に言えば節約次第でこれから毎月4万浮かせられるってことですよね。私の生活費節約の伸びしろは4万もある。これはすごい。
4万あったら毎月アイスショーに行けるじゃないか!

というわけで、羽生イズムに幸せを感じる今日この頃なのです。
(たぶん羽生イズムに浸るだけでお金はズルズルと使っちゃうと思いますけど💦)



弱さは強さ1.jpg

弱さは強さ2.jpg

弱さは強さ3.jpg

弱さは強さ4.jpg

弱さは強さ5.jpg




オリンピック中、羽生さんがメディアを通して「万全」「不安要素はない」と言い、練習では4Loを跳んで見せたことはもう、みなさんご承知の話ですよね。
あれって、自分が勝つための作戦でもあったけれど、ライバル達にも持てる力を全部出してこさせ、最高の試合にするためのことでもあったなぁと思うのです。全力で戦おうぜっていう。


あとね、平昌入りしてすぐの記者会見で、いつからクワドを跳びはじめたのかっていう質問の時に、スマホを見ていつからか確認してたのを、通訳の方は「調整に必死で、質問の答えを前もって準備しておく余裕がなかったのかも」と、何かの記事でおっしゃってました。
そうなのかもしれないけれど、そのぶん、クワドを跳びはじめたのが2週間前ということがすごくリアルに演出されたと感じました。

治ってるのか治ってないのか、ジャンプは戻ったのかどうか、みんなが探りを入れている時の、スマホのカレンダーかメモか何かを見ての「2週間」は、とてもリアルでした。
羽生結弦にとっての2週間は大きい。こりゃ本当に復活してきやがったと思いましたもん。




ツイッターにあげたものを貼っておきまーす


18-03-19.jpg




スホランとはにゅしょま.jpg
めちゃめちゃ可愛かった




ぎゅうぎゅうアイコン.jpg
アイコン用に描きました。ぎゅうぎゅう。




ぎゅうぎゅうアイコンCiONTU.png
羽生さんが授けてくださったタグ#CiONTUにちなんでみんなでCi




ciontuパッチリンコ.png
ああ羽生さんの脳内ってすんごく可愛い。可愛いけどオニ。オニと可愛いが同居してるのすごい。




たつきくんいたよ.jpg
「たつきくんいたよー」





胎児4A.jpg
※個人のイメージです






ミーシャ好きです。ほんとだよ💦

posted by バーバ母 at 02:20| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

喜びから一夜明けて綴ります(真面目なのでご注意ください)

羽生さん、オリンピック金メダルおめでとうございます。
本当におめでとうございます。
あまりにもの強い精神力に、ただただ敬服しています。
やろうと決めたことを成し遂げるために、それがどんなにいばらの道でも、考えに考え抜いて、知恵を結集し、自身に鞭打ち、自身を信じ未来を信じ、失敗を恐れず顔を上げてまっすぐに進み、今を貫き、そして貫き通した。
結果を出した。
目的を達成した。

おめでとうございます。おめでとうございます。本当におめでとうございます。



今回のインタビューでも、何年か前のインタビューでも言っていましたが、自分の人生、どこか普通の人と違うなと気づいていますよね。羽生さんの書く神社の絵馬からは自分の運命というか、与えられている役割をしっかり受け止めて、それを果たそうという意思がはっきりと見て取れます。

人はみんな生きている意味があって、それは人によっても違って、手段もぜんぜんバラバラというか、無数の選択肢があって、家族を養うなど直接的な意味から、自分では想像もしない間接的な意味まであって、手段として何を選んでどこまで頑張ってというのは本人に委ねられているのだと私は思っています。


羽生さんは会見を「これからの人生、オリンピックの金メダリストとして、しっかり全うしたいと思います」という強い意志の言葉で締めくくりました。

個人の人生ではなく、金メダリストとしてできうる最大限の人生を生きる。自分の人生を捧げる。私にはそんな意味にとれました。
羽生さんは引退後は選手を直接指導する立場につきたいと言っていましたが、職業としてコーチになりたいということより、自分の人生を多くの人のために使おうという決意があると思うのです。


いちばん心に引っかかっている言葉が「いろんなものを捨てた。スケートだけでいいと思った。」です。

もともとストイックな生活をしていて、今さら何を捨てるんだろうと。

どこかのメディアが「捨てたものはどんなものですか」と聞いたシーンがあったと思うんですが、その時彼は「んーーー、いろいろ・・幸せなことがあるじゃないですか。あ、こんな幸せもある、こんな幸せもある。けど、いらないっ。そんなのいらない」というような答えをしたと思います。(情報が半端なく多くて、探しだす余裕がいまはありません)



これ以上はわからないのですが。
幸せを捨てる人って。。。。
その幸せを取るか、オリンピックで勝ちを取りに行くか、選択が必要だったんですね。。。。




その幸せは、羽生さんにとってどんな未来だったのでしょう。





捨てたと思っていたけれど、もっと素晴らしい幸せが羽生さんのもとに集まってくる。
私はそう信じています。





posted by バーバ母 at 16:33| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

とうとう平昌入り

とうとうはにゅさんが平昌にやってくる。。
緊張します。



時間がなくて下書き状態なんですが。タイミングを外すとアレなので貼っておきます。



みんなで行こう1.jpg

みんなで行こう2.jpg

みんなで行こう3.jpg

みんなで行こう4.jpg



誰が出てもいいように、みんなで平昌に来てね。
posted by バーバ母 at 01:45| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする